2007年12月12日

MLM初心者講座C・成功の鍵


MLMに限らず、インターネットビジネスの成功の鍵は心構えです。「決意」「実行」どうしても、これだけは避けて通れない成功条件です。
どんなビジネスでも、簡単に上手くいくものはまずありません。むしろ、上手くいかない事の方が多いものです。
でも、多くの人は、すぐに結果が出るものだと誤解しています。どの広告も儲かる事ばかりを強調して、大変さの部分は説明していませんからしかたがないとは思います。だからこそ、最初にその誤解を解き、「続ける決意」を持って始める事が重要なんです。
ちょっと広告を出せば、資料請求があって、資料を送れば、どんどんビジネスに参加してくれて、ビジネスを始めてくれれば、どんどんリクルートしてくれて、組織もどんどん大きくなって、これで、私のビジネスは大成功・・・なんて話はまずありません。
現実はそう甘くはありません。
はっきり言います、誰でも簡単に100%成功するなんてビジネスは、この世には存在しませんw

他の記事で少し触れましたが、確かに最初からバンバン組織を伸ばして簡単に月収7ケタという方もいますが、これはリクルート力に長けた別格の人の場合です。
そういう人の例を鵜呑みにして始めた初心者の人は、現実とのギャップに嫌気がさして、3〜6ヶ月くらいで止めてしまいます。
でもそれは間違いです。そういう人は何処へ行っても何をやっても、結局成功しません。それは「続ける決意」を持たずに始めるからです。
別格の稼ぎ方をする人だって、最初は絶対に初心者だったわけです。
でもそこで諦めずにやって自分の仲間を作ったから「すごい今」があるわけです。


誰しも、大なり小なり、不安を抱えてビジネスに取り組んでいるものです。
この不安を取り除いて成功する為には、どんな障害があっても絶対に成功するのだというあなたの決意が必要です。そうです。『決意』です。
ビジネスで成功するには、やると『決意』したら、成功するまでやり続けることです。
「本当に成功したい」のなら、まずは、必ずビジネスで成功するという『決意』を持って下さい。
そして、毎日毎日「決意」を高めていって下さい。

順調にいかないと、ついつい
「何にも返事がこないからメールを送るのを止めようかな・・・」
「どうせ、これ以上やっても駄目かもしれない・・・」
と思う時が必ずありますが、これは自分が勝手に思っているだけのことです。
自分に「絶対に成功する!」という『決意』と「ノウハウ」をコツコツと「実行」さえすれば絶対に乗りきれるのです。

  『やり続ける人だけが、成功できます。』
  『やらない人や途中で投げ出す人は、成功できません。』

ただ、これだけのことなのです。どんなにノウハウを勉強しても、「実行」なしには成功はあり得ません!


よく、色々なセミナーなんかでモチベーションを上げたり維持したりするのに言われる話ですが、「黒」の反対を「白」とするならば、「成功」の反対は何でしょうか?
       ↓
       ↓
       ↓
      「失敗」
と答えた人、ハズレです。国語のテストなら○がもらえるんですけどね。
なぜなら、『「成功」は必ず「失敗」の延長線状に存在する』からです。
「失敗は成功のもと」と言われるとおり、「成功」と「失敗」は、同じグループで、裏と表の関係なんです。
では、成功の反対は?
     答えは
       ↓
       ↓
       ↓
    「何もしない」 です。
失敗を恐れて「何もしない人」、甘く考えて「何もしない人」、自分に言い訳をして「何もしない人」・・・そんな人達こそ、「成功」の対極に居る訳です。


   あなたは「成功する人」、「何もしない人」

          どちらの人生を選びますか?


posted by chance at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

MLM初心者講座D・ビジネスの柱


NB・MLMに興味を持つ人はどんな人たちでしょうか?

皆さん「お金を稼ぎたい!」「儲けたい!」と思っている人達だと思います。

今「お金に困っている」のか「将来の収入に不安がある」のかは人それぞれだと思いますが、「稼ぎたい!」という気持ちが基本にあるのが共通点です。
緊急にお金が必要だ・・・という人は、MLMには向きません。即金ビジネスのまともな物を探した方が良いでしょう。MLMは遅効性権利収入ですからね。


では、どんな風に儲かったらいいのでしょうか?


楽に、今すぐ儲かって、ずっと沢山稼げるものがいいに決まってますよねw

 
でも、はっきり言ってそのようなものはありませんw

ですから『棚からぼた餅』を望んでいる方は参加しないでください。
時間の無駄ですから。


MLMはビジネスであるという認識が必要不可欠です。この点をお間違えのないように。
就職経験のある人は、「仕事の為に」自分の時間を犠牲にしたり、恋人との時間を犠牲にしたり、家族との時間を犠牲にしたり・・・そういう苦労の時間が必ずあるはずです。MLMもビジネスである以上、そういう苦労の時間・時期があるのは当然です。ですが時間が経つにつれて、のんびりしてても・・・ウフフw、という時期がやってきます。これが皆さんの目指す「権利収入」「不労所得」になるわけです。

広告では、どの団体も「月収7桁!」とか「年収○千万!」と謳っています。
これはウソではありませんが、そういう【成功】を掴むには、それなりの努力と時間が必要だという点を再認識してください。

よくMLMはねずみ講と勘違いされますが、これはどちらもねずみ算(指数関数)で成長していくからです。
このねずみ算の話は、収入が膨らむ(組織が膨らむ)のにどのくらい時間が必要かを理解するのに、分かり易い例だと思います。
例えば、バイナリーのように、一人が一ヶ月に2人づつリクルートしたとします。
1年後には・・・

1⇒2⇒4⇒8⇒16⇒32⇒64⇒128⇒256⇒512⇒1024⇒2048⇒4096

ナント!4,096人の組織になります。
しかし半分の6ヶ月目では、1.6%の64人にしかなりません。
これがNBでよく言われる「組織の力」「てこの原理(レバレッジ)」の効果の差です。

これはあくまで机上の空論で、実際には「すごく努力をした人」、「普通にコツコツ努力をした人」、「自分に言い訳をして努力をしない人」のバラツキが出ますからもっと時間が掛かります。つまり、半分の6ヶ月目の時点では1%に満たない成長かもしれない訳です。
他の記事で紹介しましたが、続けていくことが如何に重要かがご理解いただけたのではないかと思います。

早い時期に見切りをつけて辞めてしまう人の中で、残念なのは「すごく努力をした人」がいることです。
たぶんそういう人は、早い時期に頑張って5人紹介者を出して、あとは収入が付いてくるのを待っているのでしょうが、なかなか組織が伸びない事に苛立ちを感じて「ここはダメだ」と思って辞めてしまうんだと思います。
そういう人は、頑張る方向・努力する方向が間違っているんだと思います。

もちろん沢山の人をリクルートするのは素晴らしい事なんですが、一人の人間が5人をリクルートして作った6人のグループと、一人の人が一人づつリクルートしてできた6人のグループではまるで意味が違います。

前者は一人の人が5人の配下を持っただけのグループであり組織とは言えません。MLMの目指す組織とは皆で作る組織・皆で育つ組織・皆で稼ぐ組織でなくてはいけません。この組織論がMLMビジネスの柱になるんだと私は考えています。

例にあげた前者のような人は、自分が一人リクルートしたら、(リクルートした人の力量によって違いますが)自分の努力のベクトルの内2割をリクルートした人のフォローに向けるべきなんです。当然自分自身のリクルートペースは落ちますが、それよりもダウンさんを育てる事の方が重要なんです。そこをきちんと押さえておかないと組織は簡単に崩壊してしまいます。

MLMにビジネスとして参加する以上は『如何にして収入を伸ばすか』を第一に考えるのは当然の事です。でも自分だけが良ければ・・・という考え方では組織は育ちません。稼ぐためにダウンを食い物にするのではなく、稼ぐためにダウンを育成する・・・という考え方でないと【成功】にはつながりません。

MLMに於けるビジネスの柱は、商品の購入でもないし、リクルートでもありません。それらは単なる要素であって、ダウン育成と組織の構築がビジネスの柱であり財産であると考えます。
結束力のある組織は、たとえその団体が飽和期をむかえパンクしそうになったとしても、グループでお引越しが可能ですが、結束力の無い組織は団体の終焉と共に組織も終焉を迎え、「ハイ、さようなら〜」で終わってしまいます。そしてまた別の団体で一から同じ作業を繰り返さなければなりません。これではある程度は稼げても、「不労所得」、「権利収入」という域まで到達することはなかなか出来無い訳です。


さて、あなたは【成功者】になりたいですか?

その為にはどう考え・どう行動すべきなのか・・・

もう分かりましたよねw


posted by chance at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。