2007年12月10日

MLM初心者講座E・どんな人が向いているのか?



◆MLMにはどんな人が向いているのか?

MLMに向いている人・・・いろんな見方があると思います。

まず、男性と女性ではどうでしょう・・・
MLM参加者の8割以上が女性で成功者の8割以上が女性というデータがあります。
参加者が多い分成功者が多いのも当たり前と考えがちですが、どちらかというと男性の方が広告に予算を掛けてガンガンやる人が多いです。であるなら、男性の成功者の比率が女性のそれに勝っていてよいはずなのですが・・・、実際はそうではありません。これは何を意味しているのでしょうか?


基本的に男性も女性も向いている人は向いているし、向かない人には向かない・・・つまり、個人差はあっても男女差は無いはずです。

しかし実際はそうとも言えません。
男性の場合、本業のかたわらの副業として取り組んではいるものの、本業と同等のビジネス意識を持って臨んでいない人が多いようです。その為、上手くいかない人が多いのでしょう。
逆に女性の場合は本業を持たない人が多い分、ビジネスに対して真剣であったり、本業を持っていたとしても事務職の人が多く、コツコツと地道に広告活動をしたり気軽にクチコミを続けるというのに向いている・・・と言えるのではないかと思います。
そういう意味で男性より多少女性の方が向いていると言えるかも知れません。

状況的に見るとどうでしょうか?
平成年代に入ってから中高年の自殺者が急増していることはニュース等でよく見かけますが、自殺者は圧倒的に男性の方が多いそうです。
これは女性より男性の方が生存欲求が低い・・・男性より女性の方が生活力が強いと言えるのではないかと思います。
その事を加味すると、あくまで初心者の場合は・・・という限定で、男性の場合、生活に余力のあるうちに副業として取り組み、長くコツコツと続けていける人の方が成功しやすい。女性の場合は危機感を持って取り組む人の方が成功しやすい・・・のではないかと思います。

職業状況から見てみるとどうでしょうか?
在宅の副業として考えると、どんな職業の人がやっても不思議ではありません。
仕事をしていない人でも、広告の謳い文句のように、介護・子育て・うつ等、
いろいろな事情で、外に働きに出れない方には最適な収入源ではないかと思います。
また、仕事をしていても派遣のように不安定な就業状況の人にも最適な副収入源ではないかと思います。

私の予想では、今後、水商売や風俗の女性が多数NBの世界に参入してくるのではないかと思います。そしてその選択は正解だと思います。

若い女性が荒稼ぎをするのに水商売や風俗は適した仕事だと思いますが、若さを商品にする以上、稼げる時期も短いものです。稼げている間に寿退職を出来れば問題はないのでしょうが、そんな人はごく一握りの人です。
その内独立して、使われる側から使う側にまわる人もいるでしょうが、当然上手くいく人いかない人の差がでます。定年にあたる年代までその世界で食べていける人はごく少数しかいません。では、あとの人達は・・・。
そこに気がついた女性達が将来へ危機感を持ってNBに参入して来ることは充分に考えられます。そして私はそういう女性達を応援します!(だから私から登録してねw Oh!ちょっと下心が出てしまいましたw)

これからは、望むか望まないかに関わらず、消去法でNBの世界に参入してくる人も多いと思います。私はそういう人達を応援します!私自身がそうでしたから・・・。
posted by chance at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73043946

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。